税理士、公認会計士向け総合支援情報サイト

TOP研修&セミナーセミナーバックナンバー暫定リスケ期間が終了する顧問先への対処法はこれだ!

暫定リスケ期間が終了する顧問先への対処法はこれだ!

金融円滑化法施工中にリスケしていた企業は、H29年3月末迄に成果を残す必要あり!

2016年4月13日(水) 14:00~16:00(受付13:30~)

会場

エッサム神田ホール 1号館 7階(702)
※会場が901から変更になりました。ご注意くださいませ。

〒101-0045
東京戸千代田区神田鍛治町3-2-2
JR神田駅 徒歩1分

会場地図

講師

株式会社スペースワン 代表取締役

徳永 貴則 氏

 

大和銀行(現りそな銀行)にて、都内を中心に主に法人融資の新規開拓業務を行う。その後、本店融資部・審査部門を歴任。2,000社以上の融資に携わる。これらの経験を活かし㈱スペースワンを創設。銀行融資のコンサルをはじめ、事業再生や経営改善のアドバイスも行っている。

主な講演内容

あれっ? 暫定リスケって何だっけ!?

中小企業再生支援協議会が提示している返済条件の変更に関するガイドライン。
金融円滑化法が期限切れ後も、「暫定リスケ」という形で 一定条件を満たす中小企業については3年間は柔軟な条件変更の継続を許容するという内容です。裏返せば、金融円滑化法施工期間内にリスケを実施していた企業は、平成29年3月末までに具体的な成果を残す必要があります!


顧問先への銀行の融資が厳しくなるのは困るなぁ…

そこで!顧問先がリスケを実行していた場合、先生方は今後どのような指導を行っていけばよいのか、元銀行マンで融資部・審査部門を歴任した徳永氏を講師に迎え、たいへん分りやすく解説いたします!是非ご参加ください!!

【講演内容】

1、待ったなし!暫定リスケ期間まであと残り1年
2、暫定期間の最大のノルマは「営業利益」の黒字化
3、高まる改善計画書と認定支援機関の重要性
4、「脱リスケ」のステージにどうもっていけばよいか?


受講者様全員に徳永氏が使用されている「経営改善計画書サンプル」を差し上げます。

参加費 お一人様 通常価格 10,000円(税込)
エッサムファミリー会員価格 6,000円(税込)

※本セミナーは、税理士会認定研修ではありません。
お申し込み期限 受付終了
その他

※本セミナーは、税理士会認定研修ではありません。

お問い合わせ

株式会社エッサム Web・EF事業推進部
TEL.03-3254-8762(平日9:00~17:00)

ページの上部へ