◆◇ 新サービス開始!名入れ小冊子の裏表紙に「事務所PRコーナー」を掲載しましょう! ◇◆
7つのステップでわかる税効果会計実務入門/H00439

税金計算前の決算書から、税効果計算後の決算書・法人税申告書及び税効果会計に係る全ての資料を作成できます。

税効果会計に係る会計基準の適用指針、繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の公表、近年の税制改正を反映した好評書の最新版!
税金計算前の決算書から、税効果計算後の決算書・法人税申告書及び税効果会計に係る全ての資料を作成できます。
税効果会計とは何か、なぜ必要かという基本を解説した後、税金計算前の決算書から、「法人税申告書・地方税申告書」、「税効果計算後の決算書」、「税効果会計に係る全ての資料」を作成するプロセスを一つ一つ順を追って解説。
税金の考え方とともに、決算書・法人税申告書・税効果会計シートの「つながり」がわかり、税効果会計への理解が深まります。

\2,280(税別)
≫エッサムショップで注文する

※商品のご購入は、パソコンで「会計事務所の広場ブックス」をご覧ください。

<収録内容>
序 章 そもそも税効果会計とは何なのか
第1章 税効果会計の概要
第2章 法人税申告書及び地方税申告書の作成方法
第3章 税効果会計基準の実務上のポイント
第4章 一時差異等を把握する
第5章 法定実効税率を算定する
第6章 回収可能性考慮前の繰延税金資産及び繰延税金負債を算定する
第7章 繰延税金資産の回収可能性の区分判定
第8章 一時差異解消のスケジューリング
第9章 回収可能性考慮後の繰延税金資産及び繰延税金負債を算定する
第10章 税金費用のプルーフテストを行い、税金費用の妥当性を検証する
第11章 税効果会計に係る仕訳と財務諸表における表示
第12章 税効果会計に係る注記の作成方法
第13章 本設例で利用した全てのワークシートと法人税申告書及び地方税申告書の別表の紹介

<仕様>
■税務経理協会商品
■サイズ:A5
■ページ数:244ページ
■著者:公認会計士・税理士 福留 聡

※商品のご購入は、パソコンで「会計事務所の広場ブックス」をご覧ください。

Copyright © 2011 ESSAM CO., LTD. All Rights Reserved.