税理士、公認会計士向け総合支援情報サイト

TOP研修&セミナーセミナーバックナンバー【 ご要望にお応えして鹿児島開催決定!】税務調査最新動向 徹底解説セミナー

【 ご要望にお応えして鹿児島開催決定!】
税務調査最新動向 徹底解説セミナー

-税務調査において税理士が果たす役割を考える-

2018年5月10日(木) 14:00~17:00(受付13:30~)

会場

サンプラザ天文館 2階 E-5
 

鹿児島市東千石町2-30

会場地図

講師

税理士 都築巌事務所

代表税理士

都築 巌 氏 
 

【プロフィール】

大阪国税局に入局し、平成13年に大阪国税不服審判所を退職後、宇治市に税理士事務所を開設。企業の経営、税務に関わる相談指導をする傍ら、講演や研修・経営者セミナー講師等も務める。税務調査の立会依頼や相談の他に、最近は税理士の顧問も行う。著書も多く、財産評価、相続税、法人税、印紙税、税務調査、事務所経営など多岐に渡る。現在、税理士、会計士、弁護士等250名を超える都築法務税務会計研究グループを主宰している。

 

tuduki.jpg

主な講演内容

■先生の顧問先は大丈夫ですか!? 人気講師が最新の税務調査を徹底解説!


最新の税務調査のトレンドはもちろん、今後の税務調査がどのように変化していくのか、その動向についても講師自らの視点をもとに徹底解説いたします。
また、加算税制度、税理士法、国犯法、税陪、書面添付制度 等についても多角的に解説するとことともに、税理士として今後どのように対応すべきか深掘りしていきます。
この機会をどうぞお見逃しなく!!


1.最近の税務調査の動向 -通則法改正後の流れ-


2.争いは申告から始まる -課税要件の理解-


3.課税要件、課税要件事実の考え方(事例検討含) -法的三段論法の理解-


4.加算税制度の変化  -インセンティブ規定、更正の予知の考え方-


5.税理士法と税務調査 -税理士法違反の把握-


6.国税犯則取締法の改正、通則法への組入れの意義 -国犯法の解説-


7.税務調査と税陪 -税陪が生じないようにするための日々の業務の見直しー


8.書面添付制度と税務調査 -意見聴取と税務調査の関係、等-


9.税務調査において役立つ交渉術 -国と税理士の信頼関係の構築-


10.今後の税務調査の動向 -税務調査において税理士が果たす役割-

参加費 お一人様 通常価格15,000円(税込)
エッサムファミリー会会員価格13,000円(税込)

お申し込み期限 受付終了
その他

※本セミナーは、税理士会認定研修ではありません。

お問い合わせ

株式会社エッサム Web・EF事業推進部
TEL.03-3254-8762(平日9:00~17:00)

ページの上部へ