税理士、公認会計士向け総合支援情報サイト

第16回 板垣 智則 税理士事務所

板垣 智則 先生 (東北税理士会・山形エッサムファミリー会 広報部 部長)

事務所訪問 第16回目は、東北税理士会 酒田支部の板垣智則先生をご紹介いたします。
板垣先生は、43歳の若さで山形エッサムファミリー会の広報部長という重責を務められており、今回は事務所のご紹介をいただくと同時に、広報部長としての今後の展望についても、お話を聞かせていただきました。
 

▼板垣先生(中央)と職員のみなさま

photo.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

―まずは事務所運営についてお聞かせください。
 
板垣:父が経営していた事務所を引き継いで、7年になります。もともと父からは「事務所を引き継げ」ということは言われてはおりませんでしたが、事務所といっても自宅と同じようなものですから、父親の仕事ぶりをみているうちに、自然とこちらの仕事に関心をもつようになりました。
 
 
―職員様とのコミュニケーションで心掛けていることなどはございますか?
 
板垣:職員は4名おりますが、ワンフロアに私を入れても5名でやっておりますので、お互いに自然とコミュニケーションが取り合えていると思います。また、父親の代から勤務してくれている職員もおり、何かと私を引き立ててくれるなど、所長として、大変頼もしいメンバー達に支えてもらっているのは大変ありがたい事だと思います。
 
 
—優秀な職員様に支えられておられるのですね。職員様の教育で気を付けていることはございますか?
 
板垣:エッサムファミリー会の研修会は内容がいつも充実しておりますので、職員と一緒に参加するようにしています。また、所内でも研修会DVDなどの視聴による勉強会を開催するなど、私はもちろんですが、所員も等しくスキルアップできる場を設けるよう心がけております。
 
 
―お客様とのコミュニケーションで気を配っていることはございますか?
 
板垣:以前は、我々はサービス業であるということを意識して、お客様との会話も、より丁寧な言葉遣いを心掛けるよう注意することもございましたが、お客様も段々と世代交代が進んでおり、私や職員との年齢が近い社長が増えてきたぶん、そういったことも殆どなくなりました。普段通りの会話でお客様とのコミュニケーションは、以前よりも自然と図りやすくなってきましたね。
 
 
―山形エッサムファミリー会の広報部長としての活動の展望についてお聞かせください。
 
板垣:エッサムファミリー会は、充実した研修会の開催をはじめ、多くのメリットがございますので、より多くの先生方に知っていただけるよう今後も微力を尽くしたいと思います。また、『元気な顧問先紹介』と言う、皆様の顧問先の中から、赤字経営をV字回復された企業や、特色ある従業員教育をされている企業などをご紹介することで、会員の皆様の顧問先指導に役立てていただこうというコーナーも会報内で充実させていきたいと考えております。是非、山形会はもちろん、全国の会員の皆様の顧問先の中に、ご紹介いただける企業様がございましたら最寄りのエッサムファミリー会事務局までご連絡をいただければ幸いです。
 
―本日はお忙しい中、貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。板垣智則税理士事務所のますますのご発展を祈念しております。
 
 
========================
板垣 智則 税理士事務所
 
〒998-0864  山形県酒田市新橋5丁目9-4

TEL:0234-26-0687
FAX:0234-26-0640
========================

ページの上部へ